豊かなライフスタイルを応援します

メイチャンズライフは、入居者様、オーナー様が困っていること、悩んでいることを解決するキッチンガーデン設置コンサルティング会社です。

「こんなふうになったらいいな」を一緒に実現し、みなさまの豊かなライフスタイルを応援します。

企業理念

心も体も豊かになれる暮らしとは、いったいどんなものだろう?
東日本大震災をきっかけに、食や住まいのことについて真剣に考えるようになりました。

今の世の中は、機械や道具に囲まれ便利になりましたが、そのために自分で考え工夫する機会が減ってしまい、五感のアンテナが衰えてしまったり、暮らしも味気ないものになってしまっているのではないでしょうか?

自分にとっての「豊かなライフスタイル」を実践してみよう!
そう思い立って、行動を起こしたのが、東日本大震災翌年の2012年。
まずは「自分で食べるものは自分で作ってみよう」と「キッチンガーデン(西洋式の家庭菜園)」にチャレンジ。せっかく自分で作るならヘルシーでおいしいお野菜を!と、農薬や肥料を使用せずに、本来自然が持っている力を最大限に生かし作物を栽培する「自然農法」を取り入れました。

伝統野菜や西洋野菜を種からつくり、できあがったお野菜は、今まで食べたことのないおいしさ。自分で作るから安心。自分で作るから楽しい。そんな豊かなライフスタイルを実感できるようになりました。

はじめて見るニンジンやごぼうの花、ずっと眺めていたくなるほど美しい模様の茄子、草木のざわめきや鳥の鳴き声、ひんやりとした土の感触、うっとりするラベンダーの香り、もぎたてをその場で食べるトマトの瑞々しい味。自分が理想とするキッチンガーデンを心の目で観て、植物の声を聴き育てていく。そんなふうに五感をフルに使い、自然と調和する生き方を実践することで感じた豊かさは、なにものにも代えがたい安心感と充実感を与えてくれました。

そこから、この楽しさをたくさんの方に伝えたい、豊かなライフスタイルを一緒に共有したいと、キッチンガーデン付きのアパートを考案。「自分でできるかもしれないことは自分でやってみよう」という思いで、オーナーとして所有していた築50年の木造賃貸アパートをリノベーションしました。

大切にしたのは、職人の息吹が感じられる丸太の梁や、木製カギのついたトイレの扉、レトロな窓ガラスなど、「古き良きもの」を残しながら、L字型タイルキッチン、ぬくもりある無垢のフローリング、壁のペイントなどで、「磨き」をかけていくこと。これによって住む人たちが自分なりの豊かさを実感していただけること。

かつてここを作った人や、ここに住まわれた人の時代にタイムトリップし、刻(とき)とご縁を感じながら、自由な発想でカスタマイズしていく。 そうしてできた空間は、さらなる豊かさを私に感じさせてくれました。そして、この喜びを居住者の皆さんにも味わっていただきたいという想いから「入居後の内装アレンジOK」というスタイルを実践しました。

本来の「豊かさ」とは、物があふれて便利なことではないはずです。自分が見るもの、味わうものに喜びを感じ、心地よい空間で暮らせること。自分にとって何が一番心地よいのかを知り、そのために自分自身が目指すライフスタイルを作っていくこと。そのような五感が喜ぶ暮らしこそ「豊かさの本質」ではないでしょうか?

企業理念は、Grow Your Own, Do It Yourself.(自分で食べるものは自分でつくろう、自分でできるかも知れないことは自分でやってみよう)

「みなさんも一緒にやりませんか? 楽しいですよ! できますよ!」という想いをこめて。

ひとりひとり五感が喜ぶ環境を実現して、心も体も豊かな暮らしが社会に広がりますように。

色とりどりの西洋野菜や伝統野菜を種から農薬や肥料を使わない自然農法で育てることで、安くて、手間をかけずに、おいしい、豊かな食生活が実現できます。環境にも優しく家庭菜園にぴったりです
中央の写真は、千葉の名産ピーナッツとイタリアンパセリを混ぜてつくったピーナッツピラフ。右の写真が、お庭で採れたお野菜を使って、アパートの入居者様と一緒に調理し、みんなで食事会をしたときのものです。